尿失禁は女性に多い症状の一つ|原因を知ってきちんと治療をしよう

高い技術を誇る

女医

新宿の泌尿器科では、尿に関する様々な病気の治療を行なっています。取り扱っている主な病気は、腎炎や尿管結石、膀胱炎、前立腺肥大症といった病気になります。新宿の病院には高い技術を持った医師たちによって手術が行なわれています。

詳細へ

筋肉の緩みが主な原因

悩む女の人

尿失禁は、尿意を自分で我慢することができずに、ふとした瞬間に思わず排尿してしまう症状のことをいいます。通常人間の身体は、尿意を自分の意思でコントロールすることができるようになっています。しかし、何らかの原因によってその機能がうまく働かなくなってしまい、尿失禁という症状を引き起こしてしまうのです。尿失禁の主な原因といわれているのが、骨盤の筋肉が緩んでしまうことです。普段、尿をうまくコントロールすることができるのは、骨盤の筋肉が正常に機能してくれているからなのです。女性の場合はこの骨盤の筋肉が非常に重要な役割を担っています。骨盤の筋肉によって、尿道はうまく調節されており、自分の意思で排出したり我慢したりすることができるのです。尿失禁になってしまうと、骨盤の筋肉がうまく作用しなくなり、自分の意思とは関係なく排尿してしまうといったことが起こるのです。

このような尿失禁を発症してしまった場合には、病院できちんと診てもらうことが大事です。人によって軽度の症状の人や重度の症状の人まで様々です。重度の症状になってしまうと、普通に日常生活を送ることが困難になります。普通に歩いたり、寝たりといったことができなくなるので、きちんと病院に行って治療を受ける必要があるのです。尿失禁の治療を行なうには、泌尿器科というところを受診してみるといいでしょう。泌尿器科では、尿に関する様々病気の治療を行なっています。まずは、問診で詳しい症状のチェックをしていきます。また、1日にどのくらいの頻度で排尿するのかなどを記載する用紙を設けているところもあります。それらの情報をもとに医師がカウンセリングを行なっていく流れとなっています。問診だけではあまりわからないという場合には、機械を使って綿密な検査をしていきます。最近では、とても高い技術を誇る医療機器が数多く開発されていますので、どんな小さな身体の異常も見つけてくれます。

病院の特徴を把握しよう

カウンセリング

埼玉の泌尿器科には、様々な病院があります。特定の病気の治療に力を入れているところや、全般的な治療を行なっているところなど病院によって様々な特徴を持っているのです。埼玉で泌尿器科を探すならそれぞれの特徴を把握しましょう。

詳細へ

費用が削減できる

診察室

新宿の泌尿器科では、様々な病気治療を取り扱っています。病院によっても様々ですが、尿道炎という病気の治療を主に行なっているところがあります。保険治療というものを利用すれば、費用を大幅に抑えることができるのです。

詳細へ